訪問看護管理者の特定行為研修制度

特定行為研修制度

訪問看護ステーション管理者向けポータルサイト

令和3年度看護職員確保対策事業(訪問看護ステーション向け特定行為研修制度の推進に資するPR媒体作成事業)

特定行為研修修了者がいる効果や魅力を体験しよう!

特定行為研修修了者のいる訪問看護ステーション管理者に聞いてみました

 特定行為研修に派遣しようと考えた理由

職員を特定行為研修に派遣しようと考えた理由はなんですか?

(文章をクリックすると詳細が表示されます)

本人から希望があった

 

組織の方針であった

 

在宅にこそ、臨床推論やアセスメント力を備えた人材が必要と考えた

 

看護師が行う医療行為が制度によって裏付けされる

 

事業所の強みとなる

 

カリキュラムが魅力的

 

時代を見据えた取り組みである

 特定行為を実施できると良いとイメージした利用者像

イメージした利用者像はありましたか?

(文章をクリックすると詳細が表示されます)

褥瘡の処置が必要な利用者

 

膀胱瘻のある利用者

 

脱水症状に対する、輸液による補液が必要な利用者

 管理者としての特定行為研修受講の勧め方

管理者として、スタッフにどのように特定行為研修受講を勧めましたか?

(文章をクリックすると詳細が表示されます)

キャリアデザインを共に考える機会を設ける

 

特定行為研修後の看護実践の展望を伝える

 

医師に、特定行為研修制度に関する理解があることを伝える

 特定行為研修修了者がいることによるメリット(利用者・家族)

特定行為研修修了者がいることでどのようなメリットがありましたか?(利用者・家族)

(文章をクリックすると詳細が表示されます)

タイムリーに必要な医療ケアを提供できたことで改善に向かった

 

通院による利用者・家族の負担が解消した

 

特定行為を実施せずとも、適切なアセスメントにより状態が改善した

 

尊厳が守られた看護が提供できるようになった

 特定行為研修修了者がいることによるメリット(事業所)

特定行為研修修了者がいることでどのようなメリットがありましたか?(事業所)

(文章をクリックすると詳細が表示されます)

臨床推論による看護の可視化と質の向上が図られた

 

利用者や家族の意向に沿った看護が提供できた

 

事業所内の看護水準の向上につながった

 

事業所の強みとすることができた

 

医師との連携が円滑になった

※イラストはイメージイラストです 実際のものとは異なります