特定行為研修修了者の事例

※ここで紹介する事例は、ヒアリングをもとに作成したモデル事例です
 イラストはイメージイラストです 実際のものとは異なります

 修了者による自宅での胃ろう交換により、身体的・精神的負担が軽減できた事例

特定行為:胃ろうカテーテルの交換

(画像をクリックすると拡大表示されます)

 タイムリーな壊死組織の除去による排膿と脱水の補正により褥瘡が治癒した事例

特定行為:褥瘡の治療における血流のない壊死組織の除去、脱水症状に対する輸液による補正

(画像をクリックすると拡大表示されます)

 輸液による補正と栄養士との協働により、脱水予防と食事摂取が可能になった事例

特定行為:脱水症状に対する輸液による補正

(画像をクリックすると拡大表示されます)

 入院中からの修了者による栄養管理への提案や看護介入でQOLが向上した事例

特定行為:持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整

(画像をクリックすると拡大表示されます)

 入院中の介入と皮膚・排泄ケア認定看護師との協働により、褥瘡治癒が促進できた事例

特定行為:褥瘡に対する陰圧閉鎖療法

(画像をクリックすると拡大表示されます)

 特定行為研修で身につけた薬理学の知識により、本人の望む自宅に帰ることができた事例

特定行為:なし

(画像をクリックすると拡大表示されます)