看護補助者との複数名訪問看護加算活用のためのガイド

近年、医療現場におけるチーム医療の広がりに伴い、
看護職をはじめとした医療関係職が専門性を必要とする業務に専念するための業務分担が推進されています。

訪問看護に関しても、平成24年4月の診療報酬改定で、
訪問看護療養費の「複数名訪問看護加算」に「看護補助者との同行」が加わり、
看護職員(保健師、助産師、看護師又は准看護師)が看護補助者との同行訪問をした場合に加算を算定できるようになりました。

指定訪問看護を実施する際に、
看護師と看護補助者が2名でケアをすることで看護師が単独で訪問をするよりも、
重介護状態や医療ニーズの高い利用者がより安楽にケアを受けられることがあります。
利用者にとって安全で安楽な看護ケアの提供のために、看護補助者との複数名訪問看護加算を活用することも選択肢のひとつです。

これまではあまり活用されていない報酬ですが、訪問看護ステーションの管理者に加算の概要を知っていただくことで、
制度を有効に活用していただきたいと思い、本ガイドを作成いたしました。ぜひご活用ください。